毎月発生する経理の請求作業をRPA化、
残業や単純業務が削減しモチベーションアップ

記事掲載日:2020年6月10日
株式会社五箱 代表取締役 粕谷 俊之氏

1. グロースハック型のウェブ・SNS広告運用とサイト制作を得意としたウェブマーケティング支援を提供、管理画面から月次データをダウンロードを繰り返す憂鬱作業が改善検討業務

- どのような事業を展開されていますか?

粕谷氏:弊社は、ウェブを活用した事業の成長パートナーとして、顧客の事業や組織構造、企業文化を理解した上で課題を解決しています。特にグロースハック型のウェブ・SNS広告運用とサイト制作を得意としており、広告を中心にした集客からウェブサイト構築、運用による成約まで統合型ウェブマーケティングの提供を行っております。

- 課題について

粕谷氏:弊社では、Google広告やYahoo!広告などの運用型広告の代行事業で多くのアカウントを管理していますが「請求確定のために、各アカウントの管理画面へ1つずつアクセスし月次データをダウンロードする」単純作業が毎月大量に発生しておりました。毎月憂鬱になる作業として、現場からも改善検討業務として挙がってきておりました。

2. 管理画面からCSVファイルをダウンロードする作業をスピーディーにRPA化し、毎月15時間のリソースを捻出

- どのように解決できましたか?

粕谷氏:複数媒体の管理画面にログインして対象のCSVファイルをダウンロードしてクラウドにアップするという業務をRPA化することで、請求作業時のリソースを毎月15時間ほど削減する事が出来ました。

3. 課題理解から改善策までを短期間で実行

- デジタルワークスについて一言お願いします。

粕谷氏:今回導入で助かった点は、デジタルワークスが改善作業を多く担っているからか、驚異的なスピードで弊社課題を理解し改善案を出してもらえたことです。自動化する業務はすぐ決まりRPAの導入までが非常に早く、短期間で作業効率を劇的に改善する事が出来ました。

- 編集後記

男気溢れる代表の粕谷様を中心としたとても雰囲気の良い会社で、且つ非常に高いレベル広告運用を実施されております。前職時代からのお付き合いをさせて頂いておりますが、会社も順調に成長されているのが納得できる素敵な会社さんです。

編集者
株式会社デジタルワークス
代表取締役 平松 朋之
令和元年にテクノロジーで働くをアップデートをミッションにデジタルワークスを設立。それまでは、外資IT系企業からネット広告会社に転職し、営業、運用、資本提携、子会社立ち上げ、役員、上場まで、ベンチャーっぽいことの一通りを経験。
三度の飯よりサウナが好き